バルーンのライフタイム(寿命)について

Balloon LifeTIME


タイプ別バルーンのライフタイム

当ショップのバルーンギフトは大きく分けて3種類。

それぞれ特徴が異なるためバルーンのライフタイムも異なります。

 

【ふわふわ浮く(ガス入)=ブーケタイプ】ヘリウムガスで膨らませたバルーンを1つにまとめたタイプ。

*卓上アレンジタイプに比べると使用するバルーンが大きい為、ボリュームやインパクトが大きくなります。

*ヘリウムガスで膨らませていますので、バルーンはふわふわと浮いています。

*ヘリウムガスの分子は非常に小さい為、目には見えませんがバルーン全体(表面)から少しずつガスが抜けています。浮いているのは保管場所により異なりますが、約一週間前後となります。

*バルーンの種類によっては、お客様ご自身でヘリウム補充缶などを使用してガスの再補充が可能ですので、しぼんで来てもまた元気に戻ります。

 

【浮かない=卓上バルーンギフトタイプ】空気が抜けないようシーラー加工(熱処理)した卓上アレンジタイプ。

*空気で膨らませているためしぼみが遅く、長寿命(平均1-3ヶ月)です。

*バルーンの素材や保管場所により異なりますが、長いもので半年以上飾っていただけます。

*空気で膨らませていますのでアレンジの商品は浮いていません。(使用するバルーンが小さい為、ヘリウムガスを入れても浮きません)

 

膨らませない風船=バルーンフラワータイプ】バルーンを膨らませないアレンジタイプ。

*注意点に気をつけていただければ、膨らませていないため長寿命(平均3ヶ月~半年)です。

*ラテックス(ゴム)風船を使用しているため、直射日光や窓際など高温になる場所、空調による風など保管場所の影響を受けやすくゴム特有の劣化が生じやすいためご注意ください。

*長くお楽しみいただけるよう、保護剤を塗布した状態で発送しております。 


少しでも長くお楽しみいただくために

バルーンのライフタイムは、バルーンの素材(ラテックス・アルミホイル系etc)や、季節による気温や湿度、また保管場所により異なりますが、 エアコンの噴出し口の前など涼しい場所に置くとバルーンはしぼみやすく、日中暑い車内や、直射日光に当たる場所に置くとバルーンが膨張して破裂してしまうなどのご注意点がございますが、少しでも長くお楽しみいただくために、温度差のない場所に飾っていただくことをオススメしております!

また特に冬季は、屋外が寒くて室内が暖房で暖かい場合(部屋の外と中の温度差が激しい場合)配達で届いたばかりのバルーンがしぼんだ状態になっている場合がありますが、暖かい室内で時間が経つとだんだん膨らんで元にもどります。 これは気体の性質の1つで、ヘリウムガスが「寒いと収縮して暖かいと膨張」するためです。

届いた時点でちょっとしぼんで見える場合は、暖かい場所で少し様子を見ていただければと思います。


しぼんでしまったバルーンはもう使えないの?

ふわふわ浮くブーケタイプに使用しているアルミホイル系の素材のバルーンは、ヘリウムガスを再注入すればまた元気になります。バルーンを結んでいるリボンの近くに丸い穴のような所があり、そこからお客様ご自身でヘリウム補充缶などを使用してガスの再補充が可能ですので、しぼんでしまってもまた元気に戻ります。

 

【ヘリウムガスが無い場合】

ストローなどで空気を注入いただき、ひもなどで天井などから吊るして飾ることもおすすめです!空気を入れた場合、ヘリウムガスとは違って表面から抜けるのが遅いため長く楽しむことができます。

【スティックタイプの場合】

ぷかぷか浮くバルーンと違い、卓上バルーンギフトに使用しているスティックはシーラーで止めているため、空気を再注入いただくことが出来ません。

ですが、卓上タイプで使用のバルーンのうち、大きさ等によりしぼみに変化が出てきたものを1本ずつ外して飾っていただくなど、お客様にてアレンジいただくことで、さらに長くお楽しみいただけます。